ステレオグラム立体造形物

English

(株)ナンゴーは「ステレオグラム表示体及びその製造方法」という技術で特許権を取得しました。

3Dステレオグラム立体造形物

金属機械加工業の株式会社ナンゴー(京都府宇治市、代表取締役社長 南郷 真)はこの度、「ステレオグラム表示体及びその製造方法」に関する国内特許権を取得いたしました。

トリックアートの世界に新たな展開が広がることを期待し、事業化を進めております。

【特許概要】
特許番号 特許第5121082号
発明の名称 ステレオグラム表示体及びその製造方法
登録日 平成24年11月2日
概要 絵画手法「ステレオグラム」の立体造形製造技術

「ステレオグラム」とは、目の焦点を意図的にずらして眺めることで、単なるパターンに見える模様からイラスト等全く別の絵が浮き上がってくるように見える絵画の手法:いわゆるトリックアートのひとつです。

これまで印刷物等平面にのみ描写されていたこのトリックアートを、厚みのある金属に㈱ナンゴー独自の技術で凹凸をつけ立体造形物化し、ステレオグラムを再現しています。単なる紋様に見える中央の部分を目の焦点をずらして眺めると、うさぎや帆船といったイラストが浮かび上がってきます。

平面トリックアート

【従来のステレオグラム=平面トリックアート】

立体造形トリックアート

【ステレオグラム・立体造形トリックアート】

この発想とそれを実現した独自技術で特許権を取得いたしました。

また、この立体造形作品は株式会社森精機製作所様主催の加工技術コンテスト:「第8回 切削加工ドリームコンテスト」金型・造形部門において金賞を受賞いたしました。

金型・造形加工部門

ステレオグラムは、そのままの見た目ではただの模様にしか見えず、目の焦点をずらして眺めなおすと、ある点で画像が浮かび上がってきます。この驚き、インパクトは、見ている人たちに強い印象を残します。この度弊社が取得した特許技術により、金属に限らずあらゆる部材平面上に凹凸をつけステレオグラムとして見せることが出来るようになりました。これにより、建築壁面・内装・食器・雑貨等に展開することが可能です。

現在、商品企画・開発を進めるべく大学などの研究機関や、建築分野など様々な民生分野の方々と共に事業化を模索中です。

今まで紙面上やコンピュータの画面上など、2次元の世界に留まっていたステレオグラムに、立体造形という新たな世界を広げるべく、事業化を進めてまいります。

フレームブルーアップフレームオレンジアップ

【立体的な紋様にトリックアートが仕込まれています】

両方全体

ステレオグラム製作は完全オーダーメイドが可能

■何でも隠し画像にできます。

隠された画像として取り込めるのは:
・イラスト ・写真 ・文字メッセージ ・数字などなど
JPEGなど、デジタルデータ化した画像でしたら、どんな画像でもステレオグラム造形化が可能です。
デジタルデータをお持ちでない場合は、デジタル化サービスも承ります。

(微細な写真は、ステレオグラムにすると見えにくくなる場合もあります)

ステレオグラムの隠し絵が見えるしくみ

ステレオグラムには「平行法」と「交差法」の2種類の見方があります。

焦点をずらすことが難しい場合は、2つの点を書いてその点が3点に見えるように意図的に焦点をずらすという方法もあります。

ステレオグラムの隠し絵が見えるしくみ

目の焦点を意図的にずらすことにより、隠し絵が立体的に見えてくる画像の表現方法ですので、盤面にピントが合っておらず、ぼやっとした視野の中から隠し絵の輪郭が浮かび上がってきます。

ステレオグラムの技術は転用可能

■凹凸を利用して隠し画像を仕込みます

凹凸面のあるもの、例えば壁紙や外壁、革製品などに・キャラクター ・イラスト ・メッセージ ・数字の組み合わせ などなどJPEGなど、デジタルデータ化した画像でしたら、どんな画像でも隠し絵として仕込むことが可能です。
御社の製品にステレオグラム機能を付加して、差別化を図りませんか?
(商品化についての詳細はご相談ください。)

ステレオグラム立体造形アートは、写真でも隠し絵が見えます

目の焦点をわざとピンボケさせて、ぼやっと眺めてみてください。何か見えてきましたか?
(ヒント:漢字が書いてあります)

何が見えましたか?
ナンゴー彫り オーダー3Dステレオグラムはこちら

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ナンゴー 営業部 ステレオグラム担当

ホームページURL:http://www.nango-kyoto.co.jp

PAGETOP